国際交流センター

役割

本会では、ますます緊密化する学術・技術の国際交流に積極的に取り組むために国際交流センターを設け、その下に以下の常設、臨時の委員会を設け活発な国際交流活動を行っています。

組織図


運営会議

センター全体に係わる調整、組織の改廃、予算・決算等の審議

新たな交流事業の企画

国際交流事業等の主催共催可否の審議

中国委員会 年間約4回の委員会・懇話会を開催する。
展示会のINCHEM TokyoおよびAchemAsiaにて相互にブースを出展する。
2年に1回日中化工シンポジウムを開催する。
新型コロナウイルスに関するCIESCレターSCEJ返信レター
CIESCとの交流の歴史
韓国委員会 化学工学に関する国際シンポジウム(日韓学生シンポ,The 27th International Symposium on Chemical Engineering)を開催する。
台湾委員会 台湾化学工程学会とシンポジウム開催等の交流
AIChE年会にて、SCEJ・AIChE・TWiChE 3学会でジョイントレセプションを開催。
ASEAN委員会 ASEAN諸国とのシンポジウム開催等の交流
米国委員会 AIChEとの交流
AIChE年会にて、SCEJ・AIChE・TWiChE 3学会でジョイントレセプションを開催。
ドイツ委員会 INCHEM TokyoおよびDECHEMA主催の展示会ACHEMAにてジョイントフォーラムを開催。
WCEC/APCChE委員会 WCEC会議/APCChE会議の運営に関する事項

活動

年会での国際シンポジウム(IChES)

年会において国際シンポジウム(IChES,英語セッション)を本部大会実行委員長・部会と連携して開催する。
IChES2022

各委員会

中国委員会

第10回日中化工シンポジウム
2021年11月29日、化学工学会と中国化工学会主催にて、オンラインにて第10回日中化工シンポジウムを開催しました。本シンポジウムのテーマは”Low-carbon Chemical Engineering Science and Technology” で、中国側主催地の広東工業大学学長邱学青教授、中国化工学会中日委員代表の瀋陽化工大学学長許光文教授、日本側実行委員長の工学院大学酒井裕司准教授の挨拶後、両国から6名ずつ計12名が講演し、活発な議論が交わされました。
広東工業大学・瀋陽化工大学では現地でたくさんの学生や若手教員らが聴講し、本シンポジウム全体で約100名の参加者が集まりました。


① Zoomの集合写真

② 瀋陽化工大学

③ 広東工業大学

瀋陽化工大学記事
広東工業大学記事

台湾委員会

TWiChEの賞”Distinguished Female Chemical Engineer Award of Taiwan Institute of Chemical Engineers(2021 for international candidates)”を2021年度は本会会員 の北川尚美教授(東北大)が受賞されました。

台湾委員会・韓国委員会

年に1回、日韓台合同シンポジウムを開催する。
2021年10月8日に第2回日韓台合同シンポジウムをオンライン開催し、約30名の方が参加しました。

ASEAN委員会

RSCEへの積極的な参加を図る。アセアン連合会議(AFChES)は協力する

米国委員会

AIChE Receptionを開催し、Joint Sessionを図る。

AIChEとMOUを締結し、SCEJ-AIChE MOU締結記念講演会を開催しました。

平成28年6月30日大阪にて化学工学会と米国化学工学会とのMOUが締結され、31名の参加を得て盛大に記念講演会が開催されました。内容は下記のとおりです。両会長他署名者参加者の写真を添付します。

日時:2016年6月30日(木) 4:00-7:30 pm
場所:〒530-8288 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー

<MOU署名者>

SCEJ会長 菅原 公一(カネカ会長) 副会長 阿尻 雅文(東北大学教授)
AIChE会長 Prof. Gregory Stephanopoulos (MIT) Executive Director Ms. June C. Wispelwey

<記念講演会プログラム>

Metabolic Engineering- opportunities and challenges for biochemical engineers
Prof. Gregory Stephanopoulos (MIT)
Adsorption-Driven Structure Transition of Flexible Porous Materials: Free-Energy Analysis based on Molecular Simulation
Prof. Minoru Miyahara (Kyoto University)
Opportunities and benefits of collaboration between AIChE and SCEJ
Ms. June C. Wispelwey (AIChE)
International activities of SCEJ with AIChE and APCChE
Prof. Shuichi Yamamoto (Yamaguchi University)

ドイツ委員会

INCHEM TokyoおよびDECHEMA主催の展示会ACHEMAにてジョイントフォーラムを開催。

WCEC/APCChE委員会

  • APCChE委員会に積極的に参加する
  • APCChEC17, Hong Kong, 2017
  • APCChEC18, 2019 日本
  • APCChEC2022, Malaysia

WCCE (World Congress of Chemical Engineering)

  • WCCE10, Barcelona, October 2-6, 2017, バルセロナ宣言
  • WCCE11, 2021の開催地は協議中

APCChE2019 報告