化学技術者の資格制度とは

化学工学会は、2006年度に資格制度を制定し,化学工学修習士、化学工学技士、上席化学工学技士の3つの資格を設け、運営して参りました。2011年度からは、化学工学技士(基礎)の資格を新たに加えることに致しました。

これらの資格は、大学等で化学工学を学んだことの証明として(化学工学修習士)化学工学の基礎知識を有していることの証明として(化学工学技士(基礎))、あるいは化学工学に関する専門知識と応用力及び十分な実務経験を有し、高い職業倫理を備えた化学技術者の証明として(化学工学技士、上席化学工学技士)、化学工学会が付与する化学技術者のための認定資格です。

化学工学会が実施する審査、試験に合格した方が化学工学会に登録する事により、「化学工学修習士」「化学工学技士(基礎)」「化学工学技士」「上席化学工学技士」の資格名称の使用が認められています。

これらの資格を活用することにより、化学工学に対する社会の認識と関心を高め、化学技術者が社会から正当に評価され、社会と産業の発展に更に寄与することを目的としています。

また、本制度と並行して、化学工学に関する技術者としてのレベルの維持・向上を、自律的・継続的に促進する為、CPD(継続学習)ポイント制度を取り入れています。

化学工学技士(基礎)、化学工学技士、上席化学工学技士の資格には更新制度を取り入れています。更新時には、CPDポイントを登録しておく必要があります。CPDポイントは年間50ポイントを目安に、継続学習に励んでいただき、技術力の維持向上をお願いいたします。

CPDガイドライン

以下に、これらの資格の概要をご説明いたします。

資格名称
上席化学工学技士
SPCE:
Senior Professional Chemical Engineerr
認定基準/受験資格
化学工学技士の資格取得者で10年以上の実務経験を有する方、あるいは化学工学 技士の資格がなくても、15年以上の実務経験を有する方。

能力水準
化学工学に関連した知識をベースに、特に高度な専門的応用能力を必要とする業務を、 指導的立場で行うことができること。(論文および面接審査により能力を確認)

募集期間
6月1日 ~ 6月30日

(一次)書類審査
7月上旬

(二次)論文審査
8月中旬

(三次)面接審査
10月中旬

化学工学技士
PCE:
Professional Chemical Engineer
受験資格
2016年度より、受験要件の実務経験10年(化学工学技士(基礎)及び化学工学修習士は5年)を撤廃しました。

能力水準
化学工学に関連した高度な専門的応用能力を必要とする業務を行うことができること。(筆記試験により能力を確認)
実務経験10年程度の能力が目安となります。

募集期間
9月1日 ~ 10月10日

試験日
化学工学の基礎知識(計算、用語、問題解決、技術課題に関する試験
11月下旬

化学工学技士(基礎)
PCEF:
Professional Chemical Engineer Fundamental
受験資格
特に設けません。

能力水準
大学の化学工学関連学科卒業程度の化学工学関連の基礎知識を有していること。(筆記試験により能力を確認)

募集期間
7月20日 ~ 8月31日

試験日(化学工学基礎に関する試験(計算・用語))
9月下旬

化学工学修習士
APCE:
Associate Professional Chemical Engineer
認定基準
化学工学の関連科目を履修していること。

能力水準
大学等で化学工学を学び化学工学の基礎知識を習得していること。

募集期間
10月1日 ~ 11月10日

※2015年度から全員審査対象となります

資格制度受験料・登録料はこちら