インターンシップ

化学工学会では、「企業の中で、化学工学の知識を活用できるテーマの研修を体験し、化学工学の位置付けを理解すること」を目的としたインターンシップを、2006年より行っております。


-人材育成センターから-

人材育成センターでは、毎年大学院の学生を対象にインターンシップを募集し、登録企業に研修をお願いしています。2014年度は84名の応募があり46名の学生が、2015年度は92名の応募があり41名の学生が、2016年度は105名の応募があり46名の学生が8月から10月にかけてインターンシップを修了しました。