戦略推進センター

役割

化学工学会の各部会のみならず、他の学問領域、分野、学協会と広く連携しつつ、新しい化学工学の体系化、基盤機構 および国際的展開を戦略的に推進し、学会を活性化させることを目的として活動しています。

組織図


運営会議 センター全体の企画立案、調整、組織の改廃及び予算立案等の審議
ビジョン推進委員会 ビジョン2023の円滑な推進とその実現を目的とした、本会内外の関係諸団体・機関との連携におけるステアリングと、会員が行う諸活動への支援
産業界交流委員会 産業界の抱える課題、挑戦すべき課題に対する、学会の総力を結集した問題の共有化と 課題解決への提言
高度生産システム検討委員会 プラント操業に伴う化学装置に関わる課題を解決するための、クローズドな産学コンソーシアムの編成、調査研究
次世代エネルギー社会検討委員会 緊急提言委員会(2011)の発展版として日本の次世代エネルギー社会を捉え、電力と熱の 両面からの高度利用技術とシステムの検討
CO2削減検討委員会 LCA解析などの手法を用いた、化学産業におけるCO2削減、資源利用の最適化の検討
オープンイノベーション委員会 非可食性バイオマスを、その発生地域において高付加価値化成品に変換する地域分散型化学生産システムを実現するための課題検討、設計支援ツールを調査研究する。NEDO受託事業。
社会実装学創成研究会 平成28年4月に化学工学全領域学問をベースにした「社会実装学(仮称)」を創成し、化学工学の新たな研究会を発足する。ここでは化学工学分野の若手研究者、技術者が分野を横断して集結し、社会実装という視点での解析(構造化)、社会実装に必要な各専門分野の研究領域の創出と推進を行い、シーズからニーズまで一気通貫した基礎・基盤研究、開発研究へ展開する活動を目指す。