戦略推進センター

役割

化学工学会の各部会のみならず、他の学問領域、分野、学協会と広く連携しつつ、新しい化学工学の体系化、基盤機構 および国際的展開を戦略的に推進し、学会を活性化させることを目的として活動しています。

組織図


運営会議 センター全体の企画立案、調整、組織の改廃及び予算立案等の審議
ビジョン推進委員会 ビジョン2023の円滑な推進とその実現を目的とした、本会内外の関係諸団体・機関との連携におけるステアリングと、会員が行う諸活動への支援
産業界交流委員会 産業界の抱える課題、挑戦すべき課題に対する、学会の総力を結集した問題の共有化と 課題解決への提言
高度生産システム検討委員会 プラント操業に伴う化学装置に関わる課題を解決するための、クローズドな産学コンソーシアムの編成、調査研究
次世代エネルギー社会検討委員会 緊急提言委員会(2011)の発展版として日本の次世代エネルギー社会を捉え、電力と熱の 両面からの高度利用技術とシステムの検討
社会実装学研究会 2016年4月に化学工学全領域学問をベースにした社会実装学創成研究会を設立し、若手研究者、技術者が分野を横断して結集して社会実装という視点で構造化、研究領域の創設、推進を行って来ました。2018年4月には第二期として更に活動の幅を広げ、様々な分野、地域的広がりを取込み、シーズからニーズまで一貫した基盤研究、開発研究へ展開する活動を目指します。このため会員の年齢制限を取払い、何時でもどなたでも入会が出来ます。