ケムイーカーコンテスト

『Chemical-Energy-Car Competition 2022』のご案内

第50回秋季大会(鹿児島大会)で行われたChemical-Energy-Car 通称ケムイーカーが3年ぶりに帰ってきます。残念ながら今回はオンライン開催となりますが、参加しやすい大会にする予定です。
⾼校⽣、⾼専⽣、⼤学⽣および⼤学院⽣が対象の競技会です。

以下に12月27日に行われた説明会の動画および各種資料を掲載してますので、ご参照いただき、奮ってご参加ください。
参加を希望されるチームまたは個人は下記の「参加申込書」リンク先ファイルに必要事項をご記入の上、参加申込書ファイルをE-mail添付で、chemEcar@scej.orgまでお送りください。
・参加申込受付期間:2022年1月11日(火)~2月28日(月)

●問合せ先:Chemical-Energy-Car実行委員会 E-mail:chemEcar@scej.org

ケムイーカーコンテストとは?

決められた仕様制限の中で化学反応で駆動する車を制作し、決められた量の水を決められた距離運ぶことを競う

ケムイーカーコンテスト試行

  • 実施日:2018年9月17日(月)
  • 会場:鹿児島大学実験室
  • 車のサイズ:幅20cm×長さ40cm
  • 輸送水量:150ml(競技会当日発表)
  • 目標距離:9.5m(競技会当日発表)
  • 参加チーム:7チーム
  • 走行:各チーム2回実施

コンテストの様子:各チームの1回目の走行動画

東北大学・仙台高専合同チーム

  • 動力:温度差発電
  • 停止:温度センサー

東京工業大学チーム

  • 動力:自作アルカリ電池
  • 停止:時計反応の回数カウント

名古屋大学チーム

  • 動力:空気マグネシウム電池
  • 停止:酸を用いて一定時間後に回路溶断

京都大学チーム1

  • 動力:空気アルミニウム電池
  • 停止:気体発生による物理的回路切断

京都大学チーム2

  • 空気アルミニウム電池
  • ヨウ素時計反応

岡山大学チーム

  • 動力:ボルタ電池
  • 停止:電極面積や電解液濃度による反応量コントロール

鹿児島大学チーム

  • 動力:ダニエル電池
  • 停止:ヨウ素時計反応

コンテストの様子: 2回目の走行も合せ、全チームまとめて収録した動画(約30分)