インターンシップ|企業の皆様へ

化学工学会では、「企業の中で、化学工学の知識を活用できるテーマの研修を体験し、化学工学の位置付けを理解すること」を目的としたインターンシップを、2006年度から行っております。

2014年度より、学生エントリーシートには化学工学技士(基礎)や化学工学修習士の有無、研究発表の有無の記載を追加しております。長期インターンシップを実施しやすい環境づくりに努めております。

ご賛同いただける企業には、是非、化学工学的研修テーマをご設定いただき、ご参加をお願い致します。

特長

  1. 応募学生は、化学工学を学ぶ大学院生です。また、指導教員の推薦状をもらえる学生に限定しています。
  2. 夏季(7~9月頃)に、2~8週間の研修を行います。
  3. 9月秋季大会に学生、教員、企業が一堂に会して報告会と交流会を行います。

応募資格

企業エントリーは公益社団法人 化学工学会 法人会員に限ります。

申込の際の注意事項

  1. 企業エントリーシートに必要事項を記入して、 internship_2017@scej.org 宛てに送付して下さい。
  2. ご提出は、5月22日(月)までにお願いします。
  3. 受入期間は、*月*日~*月*日、または*月*日(頃)~*月*日(頃)の**間、のようにできるだけ具体的にお願いします。
  4. 研修テーマは化学工学の知識を活用できるテーマとして下さい。

なお、公益社団法人 化学工学会は取得した情報は本目的以外には使用せず、また個人情報保護法を遵守し厳格に管理します。

報告書

評価報告書(企業)を、実施後2週間以内に、指導教員及び学会(internship_2017@scej.org)へ提出して下さい。

2017年度スケジュール


企業エントリー 5月初旬~22日 企業エントリーシート
学生エントリー 6月1日~20日  
学生選考 6月下旬~7月中旬 締切後速やかに学生エントリーシートをお送りします。貴社にて選考(方法は一任)をお願い致します。
選考結果は、各企業より応募学生にご連絡下さい。
また、合わせて学会にも結果をご連絡下さい。
インターンシップ 7月下旬~9月下旬 実施日は学生と調整し、必要があれば、学生本人と契約書を締結下さい。
指導教員視察 企業で教員の視察を希望される場合、直接指導教員と日程調整して下さい。必要があれば、学会で調整致します。
評価報告書提出 研修終了後、2週間以内 指導教員及び学会に提出して下さい。
報告会・交流会 第49回秋季大会
(9/20~22 名古屋大)
数社のご担当者に実施概要をご報告頂きます