継続教育委員会

化学技術者および関連技術者の生涯教育事業を実施する。これを通じて当該技術者の技術力の向上および資格取得を支援する。

  1. 継続教育は、技術者の生涯学習の観点から、そのキャリアに応じた段階別プログラムを組む。また、プログラムはさまざまな業種に対応するため多様化を図る。すなわち、プログラムをキャリア別、分野別に体系化する。
  2. プログラムは、会員、産業界のニーズに合ったものとし、工学原理と実務を融合させた実践的な内容とする。
  3. プログラムを修了した受講者は、そのプログラムによって、どのような能力向上が可能になるか、「アウトカムズ」を開講前に明確に示す。
  4. 研修内容を充分理解したと判断される受講者に対しては、修了証を授与する。
  5. 受講記録は学会で管理し、要請があれば受講者に提供する。受講記録が所属企業での評価、あるいは就職の際の証明書として活用されることの便宜を図る。
  6. 受講記録の登録 CPDポイント制度を発足させることを進めている。この際、従来受講した方の記録をご連絡することが可能である。

継続教育プログラム一覧はこちらから